商品検索
検索
モバイルショッピング
QRコード 携帯・スマホからもお買い物!
http://www.bottegagusto.com/
Bottega GustoのFacebookページを見る
Bottega GustoのTwitterをフォローする
Bottega Gustoの最新情報をRSSで見る
営業日カレンダー
2017年 5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
今日
2017年 6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
土日祝は発送業務をお休みさせて頂いております。土日祝にご注文いただいた場合、翌営業日の受付処理になります。
 
ホームアブルッツォ>ラ・ヴァレンティーナ ラ・ヴァレンティーナ"
オーナーの一人サバティーノ
(写真クリックで拡大)

1990年に創業。ペスカーラに隣接したスポルトレ市の丘陵地帯にワイナリーは位置しています。南東に面した丘は日当たりが非常に良く、グランサッソから吹く風と、アドリア海からの潮風が生み出すミクロクリマが特徴的です。

アブルッツォ州は三分の二が山岳、丘陵地帯、残り三分の一が海岸地帯で、ブドウ栽培には最適の環境です。歴史的な経緯をみると、昔、この地域の生産者の多くは低価格ワインのみを生産していました。しかし近年は腕のいい生産者らが、土着品種であるモンテプルチャーノやトレッビアーノをつかい、高いクオリティのワインを生み出しています。そして、ラ・ヴァレンティーナはこれらの生産者を先導する存在です。

伝統と最新技術の融合

セラー内

最初の数年間は、高品質のワイン造りとアブルッツォのDOCとしての商品価値の研究を重ねます。そして栽培には非常に伝統的なアプローチでのぞみ、オーガニックやビオディナミ農法を採用。と同時に、ブドウがワインとなるまでに、そのクオリティを最大限に保つため最新醸造設備を投入し、近年からバリック樽の使用も始めました。また1998年より、エノロゴとしてトスカーナ州ボルゲリ地区のLe Macchiole(レ・マッキオーレ)等を手掛けたルーカ・ダットーマが参加しており、更なる品質向上を図っています。

高いクオリティをうみだす二つの畑

畑の様子

サンタ・テレーザ
アドリア海近く、標高3,000m近いマイエッラやグラン・サッソといった山々を見渡すスポルトレの丘の斜面に、南・南西向きに位置する畑。トレッビアーノは2ヘクタールに、モンテプルチャーノは約5ヘクタールに植えられています。畑は海、山、森に隣接しており、土壌は粘土質を多く含んでいます。これらの条件がこの地域で栽培されるブドウの個性を特徴づけているのです。『スペルト』と『ベッロヴェデーレ』はこの畑で栽培されています。

ビノミオ
ビノミオはワイナリーから約20km離れた、マイエッラ山近くのサン・ヴァレンティーノ・イン・アブルッツォ・チテリオーネに位置します。この地域は夏は暖かく乾燥し、風が強く、冬は非常に寒い環境です。
1999年、ワイナリーはエノロゴのステファノ・イナマ氏と合弁で、海抜500mにある4ヘクタールを購入。ここには全てモンテプルチャーノが植樹され、収穫されるブドウは『ビノミオ』の生産にのみ使われます。