商品検索
検索
モバイルショッピング
QRコード 携帯・スマホからもお買い物!
http://www.bottegagusto.com/
Bottega GustoのFacebookページを見る
Bottega GustoのTwitterをフォローする
Bottega Gustoの最新情報をRSSで見る
営業日カレンダー
2017年 5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
2017年 6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
土日祝は発送業務をお休みさせて頂いております。土日祝にご注文いただいた場合、翌営業日の受付処理になります。
 
ホームフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア>モスキオーニ モスキオーニ"
ミケーレ
(写真クリックで拡大)

オーナーでエノロゴであったダヴィデ・モスキオーニが息子ミケーレにエノロゴの座を受け渡してから、ワイナリーのワイン醸造がさらに意味あるものになりました。 そもそも、白ワイン生産が盛んであるフリウリの地で、生産ワインの4分の3が赤ワインというモスキオーニは、現在もなおフリウリ土着のぶどう品種で質の高い赤ワイン造りに精を出し、今後は生産量の85%を赤ワインにする予定です。

ミケーレはワイン醸造の最新技術の良いところのみ取り入れながら、11ヘクタールの畑のぶどう収穫量を出来るだけ抑え、さらにぶどうの糖分を上げるためアパッシメント(ぶどうの乾燥)を行い、最終的に取れるモストの量はぶどう収穫量の約半分にまで下げました。

この若きエノロゴのこだわりは、彼らのワインに結果として現れ、特にフリウリの土着品種であるピニョーロは近年高い評価を受けています。

ブドウがもつ自然の力を引き出すワインづくり

モスキオーニの畑は険しいながらも日当たりのよい、ブドウ栽培に適した場所に位置しています。農薬や化学肥料は一切使われていません。1房あたりからとれるブドウの量は少なめで、1ヘクタールあたり40〜50キンタル。密に植樹することで、ブドウの木々は栄養を求め競い合い、より品質の高いブドウがつくられます。収穫は丁寧に手で摘み取られます。醸造はブドウが持つそのものの自然の力を大事にしながら行います。酵母や酵素などを加えることはなく、バリックを使うことでバランスを良くし、瓶詰めはフィルターを通さずに行われます。

パーカーも絶賛する極上のワインたち

畑を臨む

フリウリの土着品種のポテンシャルを引き出し、イタリア国内はもちろん世界各国で称賛をうける偉大な赤ワインの作り手ミケーレ・モスキオーニ。かつて、ロバート・パーカーも「これほどのクオリティのワインは今まで飲んだことがない。モスキオーニのワインはフリウリにおける新しいクオリティスタンダードを明確にしている。驚くほどうっとりさせるようなこれらのワインをぜひ味わってほしい」と語っています。

ワイナリーを代表する“ピニョーロ”と“スキオッペッティーノ”は、彼の納得いく仕上がりでなければ市場に出すことはありません。常に真剣に自身の仕事に向き合い、見事な表現力でワインをつくりだす稀有な生産者です。