商品検索
検索
モバイルショッピング
QRコード 携帯・スマホからもお買い物!
http://www.bottegagusto.com/
Bottega GustoのFacebookページを見る
Bottega GustoのTwitterをフォローする
Bottega Gustoの最新情報をRSSで見る
営業日カレンダー
2017年 5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
土日祝は発送業務をお休みさせて頂いております。土日祝にご注文いただいた場合、翌営業日の受付処理になります。
 
ホームピエモンテ>カンティーナ・デル・ピーノ カンティーナ・デル・ピーノ"
畑の眺望
(写真クリックで拡大)

ピエモンテ産ワインの歴史において重要な土地、バルバレスコ村にワイナリーを構えるカンティーナ・デル・ピーノ。彼らの持つ6ヘクタールの畑の半分ではネッビオーロを、残りはドルチェット、バルベーラ、フレイザを栽培。


多くを語らない若きオーナーでエノロゴでもあるレナート氏のこだわりから誕生したクリュのバルバレスコには、オヴェッロの畑で取れる上質のネッビオーロのみが使用されています。

 

The Wine Advocateも絶賛するバルバレスコ。

レナート・ヴァッカ

レナートは謙虚にこう語ります。

『この土地は何代にもわたって受け継がれてきた。僕らの畑はバルバレスコの中でも特に素晴らしいものの一つだ。子供のころから畑で働いてきた僕は、出来のいいブドウなくして優れたワインはできないということがわかった。そして自分がどんなにラッキーだったかがわかったんだ。』


また、ロバート・パーカーの有名ワイン雑誌“The Wine Advocate”のイタリア担当、アントニオ・ガッローニ氏は以下のように絶賛しています。

謙虚で堅実だが非常に熱心なオーナー、レナート・ヴァッカは、ランゲでも非常にエキサイティングなワインをつくる生産者の一人だ。レナートの所有する畑は、バルバレスコのクリュのなかでも特に優れているとされるオヴェッロの周りに集まっている。オヴェッロは涼しいミクロクリマと、バルバレスコにしっかりとした構成を与え、長期熟成に耐えられるものにする理想的な土壌で知られている。カンティーナ・デル・ピーノのワインは、僕がテイスティングしたなかで傑出していただけでなく、バルバレスコ地域の中で最も素晴らしいワインの一つといえるだろう。僕はレナート・ヴァッカのワインの良さを十分に語ることができない。この新進気鋭の生産者のワインを理解するためには、実際に飲んでみるしかない。

アントニオ・ガッローニ | The Wine Advocate

代々受け継がれてきた畑に最大の敬意を払う。

大樽とバリックが並ぶセラー

ブドウが育つ環境に最大の敬意を払うというスタンスから、化学肥料は一切使っていません。畑の木々の樹齢は平均40年。なかには70年以上のものもあります。古い木は若い木がつくれない「深み」を生み出すのです。

また彼は、この地域に残る今までの古い概念を捨て、土着品種フレイザを木樽を通さずに醸造して、「フレイザを蘇らせたワイナリー」としても注目を浴びています。恵まれた土壌と、前向きで勤勉なオーナーが造りだすワインは将来的にも非常に楽しみです。